MENU

いらない着物の処分方法まとめ!買取業者に査定依頼した結果は?

ご実家の片付け・遺品整理などで、「古い着物の処分に困っている」という悩みを持つ人は多いです。

着物は気軽に処分するのは躊躇われ、どのように扱ったら良いのかも知識がないと難しいものですよね。

本記事では、着物の最適な処分方法8選をご紹介します。

「専門業者でお得に買取が可能」「高価な着物の見分け方」など、処分時に役立つ情報も記載していますので、ぜひ参考にしてください。

他にもこんな記事が読まれています
買取業者 特徴
バイセル
バイセル
  • 業界No.1の買取実績2,700万点以上
  • 国内10店舗+出張での買取なら現金支払い可能
  • 宅配買取は最短即日で銀行振込
  • キャンセル0円&クーリングオフもOK
  • 【9月キャンペーン】 抽選で買取価格が5倍!

バイセル(着物買取)の買取詳細はこちら

福ちゃん
福ちゃん
  • 買取実績800万点以上
  • お客様満足度90%以上
  • 返送キャンセル時に1箱まで送料無料
  • 【9月キャンペーン】 出張買取で買取金額30%アップ

福ちゃん(着物買取)の口コミや評判はこちら

ザ・ゴールド
ザ・ゴールド
  • 創業61年の老舗
  • 全国に70店以上の直営店舗
  • 店頭・出張・宅配買取に対応
  • 【8月9月キャンペーン】 成人式セット買取強化中

ザ・ゴールド(着物買取)の口コミや評判はこちら

コメ兵
コメ兵
  • 全国に97店舗
  • 店頭・出張・宅配買取に対応
  • 買取キャンセル時の返送料無料

コメ兵(着物買取)の口コミや評判はこちら

久屋
久屋
  • 年間取引5,000件以上
  • 宅配買取のみ
  • 和装関連のものはなんでも買取可能
  • 伝統工芸品や作家物は特に高額買取

久屋(着物買取)の口コミや評判はこちら

着物10(旧ヤマトク)
着物10(旧ヤマトク)
  • 買取決定率98.8%
  • 宅配買取のみ
  • 専用のカスタマーサポート在籍
  • 返送料は自己負担

着物10(着物買取)の口コミや評判はこちら

>バイセルで買取査定してみる

>着物買取でがっかりする理由とは?安く買わせないためのポイントはこちらから

目次

着物の処分方法8選

着物の処分方法は、自宅で気軽に片付けるものから業者に委ねる方法まで様々あります。

今回は8種類の処分方法をご紹介しますので、それぞれの特徴を比較して、最適な処分方法を見つけてください。

1.ゴミとして処理(自治体)

自治体のゴミ収集を利用して、家庭ゴミとして出す方法です。

自宅で無料で処分できる最も手軽な処分方法といえるでしょう。

着物をゴミのとして出す際は、一般的に可燃ゴミ・資源ゴミ・古紙のいずれかに分類されます。

資源ゴミとして出す場合、「洋服などと一緒に出して良い」「着物単体で出す」など、細かいルールが決められている地域もあります。

処分費用がかかる場合もあるため、自治体ごとのルールに従って処分すると良いでしょう。

ゴミの分別に関しては、お住まいの地域の役所への問い合わせや、ホームページなどで確認できますよ。

また、近くにゴミ処理場があれば、直接持ち込みも可能です。

2.最寄りのリサイクルショップで処理

リサイクルショップへの持ち込み処理も、手軽で簡単な方法の一つですね。

最寄りの店舗に出向いて査定をしてもらい、双方が買取金額に同意できれば買取が成立します。

手間を掛けずに処分ができる上、不用品をお金に換えられる点がメリットです。

リサイクルショップを利用するデメリットは、本来の着物の価値に見合う査定額にならない場合があることです。

着物の査定は素人目には難しく、有名な作家が手掛けた着物・有名産地の着物などを見逃す恐れがあるのです。

専門知識のあるスタッフがいなければ、正確な査定は不可能といえるでしょう。

手頃な処分方法ではありますが、着物を古着として出すのはリスクがあると理解しておきましょう。

3.NPO法人などに寄付

NPO・有志の市民団体に寄付をして、処分をお任せする方法です。

各団体に直接連絡をして、郵送や持込みなどで着物の受け渡しを行います。

着物のリユース先が明確で、余すところなく再利用してくれる点がこの処分方法の魅力です。

思い入れが強い着物であれば、処分する側にとっても気持ちの良い方法ですよね。

団体によって特色は異なり、「着物に付随する小物も一式引き取り可能」「傷んでいても引き受け可能」など様々です。

また寄付金がプラスでかかる場合もあるため、各団体の特徴を比較すると良いでしょう。

NPO法人・有志の団体では、募金活動や福祉団体等に寄付を行っている場合も多く見受けられます。

着物のリユースを通して社会貢献活動にも繋がるため、興味のある人はぜひ利用を検討してみてください。

4.家族や親戚に譲る

家族や親戚へ譲る方法は、心理的にも負担にならず、おすすめの処分方法です。

着物は一般的な衣服に比べると高価だったり、思い入れもあったりと特別なものですよね。

どの時代に着ても色褪せない魅力があるため、家族間で大事にしてくことも珍しくありません。

着ていた人の思いを家族・親戚間で受け継いでいくのも、古い着物のリユースとして最適です。

成人式・卒業式・結婚式など、人生の大切な節目に着用する例もあります。

外部に処分を依頼する前に、家族・親戚で話合ってみても良いですね。

5.不用品回収業者で回収

不要品回収業者に依頼して着物を処分する方法です。

「着物だけでなく、大型の家具・雑然とした小物もまとめて処分したい」と考えている人に向いている処分方法です。

不要品回収業者は、基本的に全ての物をまとめて引き取りしてくれますよ。

不要品回収業者を利用する際の相場は、一般的に5,000円~20,000円です。

「トラック1台分でいくら」「指定の家具だといくら」など、業者によって処分の価格設定が異なります。

また、着物単体での処分となると割高になりやすいため注意しましょう。

不要品回収業者を利用しての処分を検討する場合、複数社の料金を比較してみることをおすすめします。

6.オークションやフリマに出品する

オークションやフリマに出品して、「着物がほしい」と望む人に直接販売ができる処分方法です。

Yahoo!オークション・メルカリ・PayPayフリマ・ラクマなど、サイトは自由に選択できますよ。

各サイトに登録をして出品手続きを行ったのち、購入者が落札・または購入をすると売却が完了します。

オークション・フリマを利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット自身が希望する金額かそれ以上の金額で売却可能自宅で手軽に処分できる着物が欲しいと望んでいる人の手元にいく
デメリット個人間の売買取引のためトラブルも懸念される着物の査定額が分からない場合は相場以下での売却になる出品・梱包・発送が手間な人には向かない

メリットが多い一方、個人間の売買取引となるため、「思っていたものと違った」「何らかの理由で商品が届かない」などのトラブルもつきものです。

手頃にできる方法ですが、デメリットもあるため気を付けたいですね。

7.リメイクする

リメイクするのも良い処分方法の一つです。

近年では、着物の上品さを生かして、バック・衣服・ハンカチなどに仕立て直しをするケースも多く見受けられます。

和物の美しさはどの世代でも人気です。

着物をリメイクして自身で利用する方法の他、商品としてSNSやフリマで販売している人もいますよ。

リメイク方法は、サイトでも多く紹介されているため、裁縫が得意でない人でも挑戦できます。

眠っていた着物の新たな活用方法を見出すこちらの方法を試してみても良いですね。

8.業者に買い取ってもらう

着物買取の専門知識がある業者に買い取りをしてもらう処分方法です。

着物への知見が豊富で、その着物に見合った額で丁寧な引き取りをしてくれる点が特徴ですよ。

売却する当人にとっても着物にとっても、最良な処分方法となるでしょう。

業者にもよっては、着物単体だけでなく、それに付随した帯・装飾小物など、まとめての引き取りが可能な場合もあります。

電話・WEBを利用して買取を依頼したのち、査定を行ってもらい、双方合意となれば売却が成立します。

遠方で直接店舗に出向けない場合でも、出張や宅配などで査定を行っている業者もあるため、手軽に利用できますよ。

>バイセルで買取査定してみる

着物の処分に迷ったら買取業者に査定を依頼

着物の処分に迷っている人は、自身で判断して処分する前に、買取業者に査定を依頼してみることをおすすめします。

買取業者に査定を依頼すると、着物の正確な価値を知れたり、予想以上の金額で売却ができる場合があったりとメリットが多数です。

着物には、証紙付きのもの・伝統工芸品・有名産地のものなど、価値が高いものもありますよね。

素人では分からない詳細な部分まで判断が可能なため、プロに査定をお任せしましょう。

1.査定は無料で依頼できる

買取業者での査定は、売却の有無に関わらず無料で依頼できるケースが多いです。

業者によっては、出張査定・宅配査定が行われているところもあり、直接店舗に出向かずとも査定を依頼できますよ。

出張査定とは、業者が直接自宅に出向いて査定を行ってくれるサービスです。

宅配査定とは、着物を郵送で業者に送り、査定を依頼する方法です。

大手の場合は、これらに関する全ての手数料が無料になる場合が多く、さらに自宅でやりとりが完結する点も魅力ですね。

電話・メール・WEBなどで無料査定の申し込みが可能なため、着物を処分する前にぜひ利用してみることをおすすめします。

2.リサイクルショップで売るより適正な価格になる

専門の業者への依頼は、適正な価格で着物を売却できるメリットがあります。

リサイクルショップは手軽に売れることが魅力な一方、着物への知識が不十分な場合があります。

そのため、高価な着物でも安価な価格での売却となるリスクがあるのです。

着物は、素人目にはその価値の判断が難しいものです。

“売却”という同じ処分方法でも、知見のある業者への依頼が好ましいといえるでしょう。

3.思わぬ査定額で買い取ってもらえることも

専門の業者に依頼すると、思わぬ査定額での買取になるケースがあります。

着物には、「証紙付き」「伝統工芸品」「有名産地のもの」など、価値の高いものがあります。

「証紙付き」とは、有名織物ブランドや伝統品を証明するもので、価値の高い着物にはこちらが付随しています。

この証紙の有無でも買取額が変わってくるのです。

また、伝統工芸品や有名産地の着物は、素人では判断が難しいものもありますよね。

専門知識のあるプロにお任せすると、そういった専門的な部分も判明するため、思わぬ査定額に繋がるという仕組みですね。

買取業者の無料査定を利用して、着物の本当の価値を知っていきましょう。

>バイセルで買取査定してみる

買取が難しい着物の状態や種類

着物の状態によっては、買取が難しいと判断される場合があります。

具体的には、「傷みや汚れがある」「顕著なサイズ」「化学繊維の素材であること」が挙げられます。

詳細を記載しますので、お手元の着物の状態を確認する際の参考にしてください。

1.傷み・汚れ・臭いがひどい

傷み・汚れ・臭いは査定額に影響し、場合によっては買取が難しいと判断されます。

着物の傷みは、湿気・虫・紫外線など、外的要因によって発生します。

日を浴びていないと湿気で弱り、カビや虫食いの被害が出るのです。

逆に暗所で保管していない着物は、紫外線で色褪せますよね。

着物を日常的に着る機会があればこまめにチェックできますが、そうでなければ頻繁な手入れは難しいですよね。

部分的な小さな傷みであれば、査定額は下がるものの買取可能なケースもあるため、業者に相談してみると良いでしょう。

2.サイズが著しく大きい・小さい

サイズが著しく大きい、または小さい着物は、買取不可となることも考えられます。

特に注意したいのはサイズが小さい着物で、再利用する際に丈の調整が難しくなります。

大きいサイズで布に余裕がある場合は着物の直しも安易ですが、小さいものでは簡単にはできません。

女性用の着物の場合、日本人女性の平均身長は160㎝前後です。

平均以下の小柄な人が着ていたものは、仕立て直しが難しい」という理由で買取を避けられることもあるため注意しましょう。

一見丈が短く見えるものでも、縫込みで丈を調整している着物もあるため、業者に判断を任せると安心でしょう。

3.素材が化学繊維

「ウール」「ポリエステル」といった化学繊維でできた着物も注意が必要です。

その理由は、もともと安い価格で販売されていて査定額がつけられないためです。

着物といえば、綿・絹・麻などで作られるイメージですよね。

しかし近年では、価格を抑えたもの・自宅で洗えるものなど、手頃さが魅力の着物も数多く流通しています。

天然の素材である綿・絹・麻の着物に比べて、安価な化学繊維品の買取りは不可と判断されることがあります。

業者によっては買取可能なところもあるため、業者の特徴を比較してみると良いでしょう。

>バイセルで買取査定してみる

いらない着物を高く買い取ってもらうポイント

不要になった着物を高く買い取ってもらうポイントを4つご紹介します。

どれも着物売却の際に欠かせないポイントのため、要チェックです。

1.丁寧かつ綺麗に保管する

丁寧かつ綺麗な保存状態であることは、高価買取において重要になります。

着物を保管する際は、高温多湿を避けて防虫剤を入れて管理すると、十分に劣化を防げるでしょう。

具体的な手入れ・保管方法

  • 汚れやシミがある箇所は丁寧に拭き取りを行う
  • 約一日陰干しをして汗や汚れを解消する
  • 着物のかたちを整える
  • 着物専用の保管紙「たとう紙」に包んで畳む
  • 高温多湿を避けた保管場所にしまう
  • 防虫剤を利用する

着物の保管に関しては、通気性に優れている桐製のタンス・衣装ケースの利用が推奨されているため、持っている人は利用しましょう。

また、一度着た着物は、着物専用のクリーニングに出してから保管するのもおすすめです。

2.証紙や落款を提示する

証紙と落款は、価値の高い着物であること証明するもので、こちらの提示をすることで高価買取に繋がります。

「証紙」とは、有名織物ブランドや伝統品であることを示せる証明書です。

そして「落款(らっかん)」とは、着物の特徴・作者・織り方など、着物の詳細情報が詰まった印です。

“落成款識(らくせいかんしき)”の略称で、着物の前身ごろにあたる部分か、襟先に付いています。

いずれも特別なものであることが分かりますね。

買取専門の業者では、証紙と落款の価値の見極めが可能です。

査定を依頼する際は、こちらの二点の有無をあらかじめ確認しましょう。

3.和装小物なども一緒に提示する

下駄・かんざし・帯どめなどの和装小物も査定の対象となる業者もあります。

着物単体・小物単体で査定を受けるよりも、通常の査定額に少しプラスした査定額になるのです。

小物単体では需要が低いため、査定額は低くなる傾向です。

持物整理・遺品整理などで、「まとめて片付けをしたい」と考えている人は、着物と小物を同時に査定してもらうことをおすすめしますよ。

4.相見積もりをする

「相見積もり」とは、複数の買取業者に査定を依頼し、見積もり出すことです。

相見積もりを行うことで、各社の査定額の比較が可能になり、より高い値段で着物を買取してくれる業者を選択することができます。

大手の着物買取業者は、無料で査定を行っているところが多いため、利用してみることをおすすめします。

>バイセルで買取査定してみる

古い着物も買い取ってくれる着物買取業者3選

着物買取でおすすめの業者を厳選してご紹介します。

一見して古いと感じる着物や、傷みのある着物なども買取対応してくれる点が注目ですよ。

各3社の特徴を一覧表にまとめましたので、買取業者を選ぶ際の参考にしてください。

バイセル

バイセル

引用元:バイセル

買取方法出張・宅配・店頭
買取対応地域全国
手数料無料(査定料・送料・出張料など)
宅配買取の送料無料
梱包キット無料の宅配キットが手配される
入金期間・出張または店舗持込み買取の場合:その場で現金支払い
・宅配買取の場合:最短即日で指定銀行口座振り込み
主な買取商品着物・切手・古銭・毛皮・ブランド品・酒類・金(貴金属)・宝石・時計・骨董品・金券・カメラ・食器・楽器
価格アップキャンペーンの有無期間限定キャンペーンあり
例)抽選で買取金額2倍
特徴利用客のニーズに合わせて出張・宅配・店頭買取など、多様な売却方法があります。
売却に関わる全ての手数料が無料な点も大きな特徴です。
また、「無理な買取を行わない」「取引中の問い合わせには親身に対応」など、サポート体制も充実しています。

「早く、高く、丁寧」をモットーとしたバイセルは、利用する全ての人への丁寧な査定・接客に定評があります。

出張・宅配・店頭など買取方法が多様で、無料サービスが充実している点にも注目です。

査定額が倍額になるキャンペーンも要チェックしましょう。

>バイセルで買取査定してみる

福ちゃん

引用:福ちゃん

買取方法出張・宅配・店頭
買取対応地域全国
手数料無料(出張費・キャンセル料・査定料・電話代)
宅配買取の送料無料
梱包キット無料の宅配キットが手配される
入金期間・出張または店舗持込み買取の場合:その場で現金支払い
・宅配買取の場合:成約から約 1~5 営業日後に指定銀行口座振り込み
主な買取商品着物・切手・食器・古銭・毛皮・洋服・ブランド品・酒類・金(貴金属)・宝石/ダイヤモンド・時計・骨董品・カメラ・楽器
価格アップキャンペーンの有無期間限定キャンペーンあり
例)出張買取限定で買取価格30%UP
特徴店舗に出向かずとも自宅で完結する“出張買取”が推奨されています。
また、地域限定で“遺品買取・整理プラン”があります。遺品整理士・遺品査定士の有資格者が多数在籍しており、プロによる一括のサービスが高い評価を得ています。

買取数600万点を超える実績を持つ『福ちゃん』は、特に着物買取での評判が高いところが魅力です。

『着物価格満足度』でも上位に選ばれていますよ。

「状態が良くない」と感じる着物でも、プロの査定士によって丁寧に査定してもらえるため、ぜひ利用してみてください。

\無料査定&高額買取/

>福ちゃんで買取査定してみる

ザ・ゴールド

ザ・ゴールド


引用:ザ・ゴールド

買取方法出張・宅配・店頭
買取対応地域全国(一部離島を除く)
手数料無料(出張費・キャンセル料・査定料・電話代)
宅配買取の送料無料(返送料のみ自己負担)
梱包キット無料の宅配キットが手配される
入金期間即日
主な買取商品着物・貴金属・宝石類
価格アップキャンペーンの有無有り
特徴・入金までが早い
・全店舗が直営店
・自宅の困りごとも解決してもらえる

ザ・ゴールドは全国にチェーン展開している着物買取店です。

全店舗が直営店なので、どの店舗を利用しても安定したサービスを受けられます。

また、出張買取を利用した場合、自宅の困りごとを手伝ってもらえる「ちょこっとサポート」を利用できます。

部屋の掃除や雑誌の整理など行ってもらえるので、買取と合わせて活用しましょう!

\無料査定&高額買取/

>ザ・ゴールドで買取査定してみる

まとめ

今回は、不要な着物の処分方法についてご紹介しました。

自身の判断での処分が難しい着物は、専門の買取業者にお任せすることをおすすめします。

各社で宅配買取・出張買取など便利なサービスが充実して、査定に関する特色も異なります。

納得して処理ができるよう、着物の処分は慎重に検討していきましょう。

>バイセルで買取査定してみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

買取大陸運営事務局ではトレカ、ブランド品、着物の買取情報を中心にまとめたサイトです。拡大するニーズを捉えて、有益な情報をお伝えするよう努めています。

コメント

コメントする

目次